美味しい酒が飲めれば人生幸せ

ビールが好きで、ビールのことばかり書いていましたが、他にも読んだ本のことや、観た映画のこと。そしてラグビーの事など、自分が経験したことや、思ったことなども書きたくなり、結局自分の日記みたいになりました。

限定出荷!! 『キリン氷結北海道産メロン』

今夜の一杯(と言いつつ、実はビールを飲んだ後なので2本目なのですが😅)は、キリンの氷結シリーズで限定出荷されている「北海道産メロン」

f:id:kotsuna:20180404231834j:image

 

缶を開けると美味しそうなメロンの匂いが漂ってきます。

そして一口飲むと、まさにメロン酒‼️

 

メロンの甘さが口の中にふくらみ、その後少しアルコールを感じさせます。

 

あんまりたっぷりは要りませんが、ちょっと甘めの酒を飲みたい時には良い感じですね。

 

「キリン 氷結® 北海道産メロン<限定出荷>」を発売|2018年|ニュースリリース|キリン

 

キリン 氷結 北海道産メロン 350ml×24本

キリン 氷結 北海道産メロン 350ml×24本

 
キリン 氷結 北海道産メロン 500ml×24本

キリン 氷結 北海道産メロン 500ml×24本

 

 

 

セブン&アイ限定 の『一番搾り 匠の冴』

f:id:kotsuna:20180403233951j:image

本日、セブン&アイ限定で発売されたキリンの『一番搾り 匠の冴』を早速飲んでみました😚

 

ちなみにお値段は

350ml   221円

500ml   286円

※いずれも税込

と、普通のビールと同じ価格です。

 

f:id:kotsuna:20180403234547j:image

f:id:kotsuna:20180403234551j:image

f:id:kotsuna:20180403234548j:image

 

一口目、口の中に含むと、キリン一番搾りと同じような味わい。

まぁ「一番搾り」と書かれているので当然でしょうね。

 

じゃあ、何が一般の「一番搾り」と違うのか?  というと、

喉を通った後、口の中に残る味わい。

これが一般のキリン一番搾りと比べてスッキリしており、甘ったるさが無い。

 

最近ちゃんとしたビールを飲んでいると、最後口の中に残る甘さがちょっと余計で、これだったら第三のビールの方が良いかな? なんておもっていたのですが、それがこのビールにはないので、自分的にはとても好みのビールになっています。

 

これがケース売りで安かったら、ケース買いするのになぁ😅

 

「一番搾り 匠の冴(さえ)」を新発売|2018年|ニュースリリース|キリン

 

キリン 一番搾り 500ml×24本

キリン 一番搾り 500ml×24本

 

 

 

 

飲み日記(1月26日 気づけばプレミアムフライデーやんか)

 f:id:kotsuna:20180126232052j:image

プレミアムフライデーとは無関係な会社で働いているので、同僚と一緒に飲みに行ったのは21時ごろからでした(笑)

  しかし、今夜は大阪京橋駅周辺を歩いていても人が多いですね。

プレミアムフライデーと言うより、単純に給料日後の金曜日と言うのが大きな理由でしょうね。

 

数軒周りどこも満席(´;ω;`)

そしてようやくたどり着いたのが

『大起水産』

一般的には回転寿司と言うイメージの方が強いですが、京橋駅には回転寿司と飲み屋の2店舗が存在。

今夜は初めて飲み屋の方へ行ってみました。

f:id:kotsuna:20180126232514j:image

 

 そして最初にオーダーしたのが、

「ちょい呑みセット  500円」

 

生ビールと今日のサービスがつくと言うことでしがたが、そのサービスが今夜はあん肝(^.^)

f:id:kotsuna:20180126232052j:image

これはこれで🙆‍♂️

500円はお得でしょう。

4人で行ったのですが、みんなこれをチョイス。

 

その後は単品で頼んで行ったのがこれら。

 

f:id:kotsuna:20180126233003j:image

「本日の南蛮漬け」を頼んだら、カレイをまるごと揚げて南蛮漬けにしたのが登場。

これで360円❗️

 

f:id:kotsuna:20180126233216j:image

次にブリの造り。

脂がのっていてうまい!

 

f:id:kotsuna:20180126233254j:image

好きな人は好き!

定番のアジのフライ

 

f:id:kotsuna:20180126233928j:image

 キビナゴの唐揚げ

 

他にもちょこちょこ頼んなのですが、写真撮り忘れ( ;  ; )

 

最後に頼んだのがこれ。

f:id:kotsuna:20180126233359j:image

「本日のカマ焼き」・・・

で、出てきたのが、鮭のカマ。

マグロや鯛のカマ焼きは食べたことがありますが、サーモンは初めて。

ちょっと潮が足りないように感じたけど、美味いね。

 

f:id:kotsuna:20180126233733j:image

そして最後の最後に頼んだが「てっぼう」

メニューに載っていたものの、どんなものか分からず、Google先生に聞いたら、豚か牛の腸とのこと。

で、何はともあれ肉だと思い待っていたら、出てきたのは、タコとネギを味噌で和えたものでした。

まぁ、予想外でしたが、美味いのでよし😋

 

そして店を出て「さぁ、帰ろう!」とはいかず、二軒目は毎度お馴染みの

「山ちゃん」

f:id:kotsuna:20180127084551j:image

 

もうビールはしっかり飲んだので、芋焼酎のロックで。

f:id:kotsuna:20180127084649j:image

そしてあては「つくり盛り合わせ」と

今夜は魚デー🐟🐟🐟

 

f:id:kotsuna:20180127084839j:image

二品目は「生センマイ」

を頂き、芋ロックをお代わり。

 

雪降る中、魚をあてに酒を楽しむプレミアムフライデーでした❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビスビール 『格別の乾杯』はやはり格別!

f:id:kotsuna:20180125000401j:image

寒い日だけど、やはりビールが飲みたい! 

そんな時は、350ml缶のプレミアムビールをじっくり味わいながら飲むのがいい。

そう思って23日に発売されたこのビールを飲んでみた(^.^)

f:id:kotsuna:20180125000634j:image

ヱビス with ジョエル・ロブション 格別の乾杯』

 

口に含むと、ちょっと酸っぱい味がやって来る。シャンパンを飲んでいるような感じ。そして口の中全体に広がったかと思うと、余計な長居はせずすーっと消えて行き、後はビールならではの苦味が口の中に上品に残る。

 

まさにビールの中のシャンパン🥂

f:id:kotsuna:20180125001134j:image

白ワインのように香るホップ「ネルソン・ソーヴィン」と、

果実のように香るホップ「ハラタウプラウン」による、

豊かな薫りと清々しい味わい。

フレンチの巨匠も認めた、

乾杯を華やかに彩るエビスです

ほんまその通り。

 

美味いに尽きる一品ですね

エイジゲート | サッポロビール

 

 


 

 

 

今日発売のキリン『のどごしSTRONG』を飲んでみた

f:id:kotsuna:20180123233803j:image

火曜日は酒類の新商品が出る日。

早速購入したのがこれらの酒類

その中から今晩飲んだのが、

f:id:kotsuna:20180123233924j:image

キリンビール『のどごしSTRONG』

 

毎度おなじみキリンの「のどごし」シリーズのひとつで、7%というアルコール度数が特長。

f:id:kotsuna:20180123234343j:image

f:id:kotsuna:20180123234358j:image

ブラックを基調としたデザインが、なんかやってくれるんじゃないの? という期待感を抱かせてくれるのは自分だけ??

f:id:kotsuna:20180123234421j:image

 

で、期待を胸にグラスにちゃんと注いで飲んでみると…あれれっ???

 

ラベルに記載の

「ガツンときてスカッと爽快」

が無い………。

 

どちらかと言えば、す〜っと入ってきて、す〜と消えて行く。でもアルコールが7%だから、消えて行くと共に、若干アルコールがじわ〜とくる感じ。

 

えっ?   全然違うやん。

グラスに注いだのまずかった??

 

500ml缶はグラスに入れて飲み干してしまったので、350ml缶はそのまま口飲みで飲む。

f:id:kotsuna:20180123235054j:image

 

で、ガツンと来ない………(´;ω;`)

 

えっ?? 自分は飲兵衛だからダメなのか??   ちょっと悩む自分。

 

たしかに7%というアルコール度数は、ちょっと魅力的。でもビール本来の喉や口に来る刺激や、シュワシュワ感が弱いのちょっと寂しいかな。

 

『のどごしSTRONG』は自分的には合わない第3のビールでした😢 

 (正直、のどごしシリーズでいいなぁと思ったためしがない。相性悪いのかなぁ)

 

キリン のどごし STRONG|ビール・発泡酒・新ジャンル|商品情報|キリン

 

キリン のどごし 華泡 350ml×24本

キリン のどごし 華泡 350ml×24本

 
キリン のどごし STRONG 350ml×24本

キリン のどごし STRONG 350ml×24本

 
キリン のどごし STRONG 500ml×24本

キリン のどごし STRONG 500ml×24本

 

 


 

 

寒い日は焼酎のお湯割やね😀

f:id:kotsuna:20180122232034j:image

先週の温かさは何だったんだろう? と思ってしまうくらい寒い今日。

こんな夜は焼酎のお湯割で😊

 

と言いつつも、実は今までロックで飲んでばかりで、お湯割りのことよく知りません。

せっかくの機会なので調べてみたところ、お湯割のポイントは3つあるとか。

 

①水割りは「焼酎が先で水が後」だけど、お湯割は「お湯が先で焼酎が後」

②焼酎とお湯の割合は6対4

③40℃くらいで飲むのがちょうど良い

 

①については、お湯を先に入れることにより、お湯の温度を下げ、グラスを温めることが出来る。そしてそこに常温の焼酎を加えると、お湯と焼酎の温度差で自然に対流がおき、かき混ぜなくても温度や濃度が均一になるそうです。

f:id:kotsuna:20180122233241j:image

薩摩酒造のホームページより

僕の、私のお湯割り研究「薩摩酒造のお湯割り広め隊研究」/薩摩酒造:お湯割り研究所

 

②と③については、アサヒビールのホームページで、割合や温度がどう味が異なるのかが書かれているので、そちらを参考にしてみて下さい

おいしいお湯割の研究|焼酎飲み方研究所|アサヒビール

 

日本酒も熱燗となると酒の匂いが漂ってきて、それが少々苦手だったのですが、どうも最近は自分の酒の嗜好が変わってきたのかな?  

それともおっさん化している??

 

 

 

 

 

 

キリン 『氷結ストロング 南高梅』 をすっきりとした梅サワー?

f:id:kotsuna:20180121221105j:image

f:id:kotsuna:20180121222321j:image

キリン 氷結ストロングシリーズで、期間限定発売の南高梅を飲んでみました。

たまに梅酒なんかは飲むことがありますが、なんとなく「すっぱい」または「甘ったるい」というイメージが個人的にはあり、「好きか嫌いか?」 と聞かれたら、「嫌い…かも」と答えてしまうのですが、せっかくの氷結シリーズなので挑戦!!

(でも、ほんと飲むまでは、同じ「氷結」でも「ストロング」で9%。しかも「糖類ゼロ」「プリン体ゼロ」なので、変にいじくりまわしているのではないかとちょっと心配でした)

 

が、飲んでみると、うまいやん☺️

ちょっと心配で缶直飲みではなく、コップに氷を入れた飲んだのが良かった!!

コップに注ぐと梅のいい匂いが漂ってきます。これが飲み欲をそそってくれます。

そして一口・・・

すっきとした梅の味で、極端な酸っぱさも、甘ったるさも感じられずいい感じです。

これは梅を使ったアルコールでも当たりに入りますね。

 

期間限定なので、早めにもう数本買っておこう。

 

「キリン 氷結®ストロング 南高梅(なんこううめ)<期間限定>」新発売|2017年|ニュースリリース|キリン

 

 

キリン 氷結ストロング 南高梅 350ml×24本

キリン 氷結ストロング 南高梅 350ml×24本

 
キリン 氷結ストロング 南高梅 500ml×24本

キリン 氷結ストロング 南高梅 500ml×24本

 

 

 

飲み日記(1月20日ヤンマースタジアム長居でラグビー観戦しながら)

f:id:kotsuna:20180120224732j:image

今日はお昼からラグビー観戦。

ヤンマースタジアム長居にて、【スマホサイト】NTTドコモ レッドハリケーンズ日野自動車ラグビー部 REDDOLPHINS 公式サイトとの入替戦を観ながらのビールでした。

 

選んだビールはサントリー ザ・プレミアム・モルツ 初仕込2018』

 

これを選んだ理由は3つ

①ここに来る前に、ラグビーチーム「サントリーサンゴリアス」の監督の書いた本を読んでいたこと

②その「サントリーサンゴリアス」が今期優勝したので、そのサントリーにあやかってNTTドコモも勝って欲しいという願いを込めて

③単純に美味しいから😀

 

ビールを飲みながらの試合。

幸い今日もそれほど寒くはなかったので、ビールを飲んでいても全然OK!!

f:id:kotsuna:20180120225350j:image

f:id:kotsuna:20180120225404j:image 

f:id:kotsuna:20180120225430j:image

f:id:kotsuna:20180120225443j:image

f:id:kotsuna:20180120225456j:image

ただ応援しているドコモの動きが良くないのか、なかなか相手からトライが取れない。逆に先に相手に点を取られてしまう始末。

 

で、結局…

f:id:kotsuna:20180120225529j:image

f:id:kotsuna:20180120225542j:image

まさかのドコモ敗退😢

 

結局ドコモは下位リーグへ降格に

ショック・・・・。

 

 

ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 500ml×24本

ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 500ml×24本

 
ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 350ml×24本

ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 350ml×24本

 

 

 

ハングリーな組織だけが成功を生む

ハングリーな組織だけが成功を生む

 

 



 

飲み日記(1月19日 焼酎バー WADO)

金曜日の夜。

今週はまったく飲みに行っていなかったので、金曜日こそ飲みに行こう! と思っていた。

なのに、そんな時に限って、会社のメンバーはみんな用事ありで、飲みについて来てくれない(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

仕方がないので、「そう言えばまだ今年は行ってなかった」と、地元伊丹にある焼酎バーWADOへ。

f:id:kotsuna:20180120083509j:image

 

ここはパパ友に紹介してもらったのが、約7年前。そこから定期的にお邪魔して、いつも変わった焼酎を頂いています。

 

f:id:kotsuna:20180120083613j:image

まず一杯目に頂いたのが、鹿児島酒造の『やきいも』芋焼酎

ネーミングに惹かれて飲んでみると、思ったより万人ウケする味で飲みやすい。

芋くさくもなく、かと言って、スカスカなさらったした味わいでもない。

芋焼酎としては真ん中な感じ(?)

 

f:id:kotsuna:20180120083948j:image

 2杯目は店員さんオススメの白石酒造の『黒天狗』

「天狗👺」と言えば、『天狗櫻』が思い浮かんだのですが、店員さんに聞くと、同じ酒蔵とのこと。なるほどで。

f:id:kotsuna:20180120084225j:image

ちなみにこの3つが同じ白石酒造さんの。

 

で、味はというと、超芋焼酎

芋くささ満載で、芋好きにはたまらない味!  どしっとした重厚感のある芋独特の味で、自分的に最高な味わい\(//∇//)\

いい酒に出会えました❗️

 f:id:kotsuna:20180120084551j:image

せっかくなので、兄弟の『田伝夢詩(でんでんむし)』も頂きます。

(ネーミングがさいこー(^.^))

こちらもしっかり芋焼酎していますが、『黒天狗』のような芋くささは若干押さえ、スッキリさを少し出していて、芋焼酎としては上級的な感じ。

こちらも美味いです!

 

f:id:kotsuna:20180120085314j:image

と、まぁ3杯飲ませて頂いた頃には、LINEで呼びかけしていたパパ友も2人来てくれていて、楽しい芋焼酎の夜でした(^ω^)

 

 

「白石酒造」 天狗櫻 25度 900ml
 

 



サッポロビールの『月のキレイな夜に』を飲んでみた!

f:id:kotsuna:20180117222942j:image

 16日にファミリーマートサークルkサンクスで限定発売された発泡酒『月のキレイな夜に』を、今夜は雨で曇なので、月が見えないけど、心の中でキレイな月を思いつつ飲んでみました(^-^;

f:id:kotsuna:20180117222901j:image

フルーティーな香りと余韻を楽しむ

B elgian  W hite  Style

コリアンダーシードやオレンジピールを使用した、ベルジャンホワイトスタイルに、フレーバーホップを一部使用することでフルーティーな香りとやわらかい口当たり、心地よい余韻を実現しました

f:id:kotsuna:20180117222930j:image

f:id:kotsuna:20180117223412j:image

 

プルタブを開けると、泡が出てしまい、その泡がついた指を舐めるとコリアンダーの味がしっかりとわかります。

そしてグラスに注ぎ一口。

たしかにホワイトビールにフルーティーさが混ざったような味が、口の中に静かに広がり、それがしばらく余韻として口の中に残る。

ビールというより、ビール風味のカクテルという感じ。

商品として他にあまり無い面白い味ですが、ちょっと物足りなさを感じます。

発泡酒なので、麦の味わいが弱いのが1つの理由かな。

 

ちなみに価格は500ミリリットルで178円、350ミリリットルで198円。税込です。

エイジゲート | サッポロビール

 

 

 

 

2018年の「初仕込」はかなりいい感じ!!

 昨日、サントリーザ・プレミアムモルツ 初仕込2018』が発売されていたので、早速飲んでみました😀

f:id:kotsuna:20180116224652j:image

 f:id:kotsuna:20180116224658j:image

深いコクを生み出すために

チェコとその周辺国のみで

収穫される希少なダイヤモンド麦芽

うまみが多くつまったこの麦芽から

ザ・プレミアム・モルツにかかせない

「上質なコクとうまみ」を

引き出すために、

時間と手間をかけて

仕込みました。

 

ビール醸酒家  岡賀根雄

f:id:kotsuna:20180116224716j:image

f:id:kotsuna:20180116224728j:image

 

家には以前おまけで付いてきたザ・プレミアム・モルツ用グラスがあるので、それに注ぐ。

すると、いい匂いが立ち昇ってきます。やはりプレミアムモルツを知り尽くしたグラスだ(笑)

そして口に含むと口の中一杯にビールならでは刺激がと苦味が広がり、少しづつ消えて行きます。

どっしりとした感じはなく、本当に上品な味わいのビール。

晩酌用なんてとんでもない。

アテなど要りません。

そのままグラスに注いでこれだけを味わうビール。

ただ何杯も欲しいビールというわけでもない。

個人的には350ml缶2本くらいで十分かな。

バーなんかで飲むともっとうまく感じるでしょうね。

 

「ザ・プレミアム・モルツ〈初仕込〉」数量限定新発売 2017年10月31日 ニュースリリース サントリー

 

ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 350ml×24本

ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 350ml×24本

 
ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 500ml×24本

ザ・プレミアム・モルツ 初仕込 500ml×24本

 

 

 

アサヒビールに引き続きキリンビールも

キリンビールも新商品のニュースリリースをいくつか出していましたので、それを紹介‼︎

 

2月20日(火)

f:id:kotsuna:20180112125003j:image

一番搾り花見デザインパッケージ』

花見のシーズンに合わせて、「キリン一番搾り」のデザインを満開の桜を表現した缶で、中身はふつうの「キリン一番搾り」です。

 「一番搾り 花見デザインパッケージ」発売|2018年|ニュースリリース|キリン

 

3月13日(火)

f:id:kotsuna:20180112125214j:image

『本麒麟

こちらは第3のビールですが、それを出来るだけビールに味わいにしたもので、この「本麒麟」というネーミングには「日常的に飲まれる新ジャンルだからこそ、こだわって一番おいしいものを造りたい」という思いがあるそうです。

ちなみに中身の特長としては

ホップの爽やかな苦みが効いた、力強いコクと飲みごたえ。
キリンビール伝統のドイツ産ホップ(一部使用)による爽やかで上質な苦味
長期低温熟成による、雑味のとれたよりコクが強く感じられる味わい
アルコール分6%の強い飲みごたえとスッときれる引き締まった後味

となっています。

「本麒麟(ほんきりん)」を新発売|2018年|ニュースリリース|キリン 

4月17日(火)

f:id:kotsuna:20180112125703j:image

『9工場の一番搾り

毎年恒例となりました、工場ごとに味の違いや個性を楽しめる「一番搾り」。

昨年は47都道府県と、似たような味ばかりのとんでもない「47種類の一番搾り」を出しましたが、今年は一昨年と同様にキリンのビール工場(北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場) 9種類となっています。まぁこれくらいがちょうど良いのかなと思いますね。

なお、今回はまず4月17日にそれぞれの地域限定で販売を行い、そして6月5日(火)に「9工場の一番搾り全国味めぐりセット」を全国で数量限定発売とのことです。

ぜひ工場ごとにもっと独特な味にして、もっと違いのわかる物にして欲しいですね。

「9工場の一番搾り」を発売|2018年|ニュースリリース|キリン

 

 

 

 

 

アサヒビールが色々ビールを出すよ〜😀

昨日はアサヒビールが新商品のビールを色々と発表していたので、それを発売日ごとに紹介させて頂きます。

 

1月30日(火)

f:id:kotsuna:20180110233309j:image

 

アサヒスーパードライスペシャルパッケージ』

 こちらは通常の『アサヒスーパードライ』のパッケージを、満開の桜の花を散りばめたということだけで、新鮮味に乏しいのですが、ひとまず発表した商品ということで。

 

クリアアサヒ 桜の宴』

第3のビールであるクリアアサヒシリーズにて、ミストラルホップを使用し、フルーティーな香りと柔らかな口当たりが楽しめるらしいタイプ。

春限定の商品となっています

 

ニュースリリース 2018年1月9日|アサヒビール 

 

3月13日(火)

f:id:kotsuna:20180110234302j:imagef:id:kotsuna:20180110234315j:image

アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』

昨年の5月に期間限定で発売されていた『アサヒスーパードライ瞬冷辛口』を、クオリティアップさせ、かつ通年商品とするとのこと。

このビールはキンキンに冷やして美味しく飲めた気がするので、それが普通に買えるようになるというのはちょっと嬉しい。

ニュースリリース 2018年1月9日|アサヒビール 

 

4月3日(火)

f:id:kotsuna:20180110234659j:image

2016年から2017年にかけてアサヒグループホールディングスが取得した西欧、中東欧のビールが、ついに日本でも一般発売となります。海外ビールファンとしては有難い話。

 

『ペローニ・ナストロ・アズーロ』

f:id:kotsuna:20180110234754j:image

厳選された原料を使用し、繊細な香りとすっきりとした後味が特長です。副原料のコーンはイタリア産を使用しています。イタリアンスタイルを体現するプレミアムビールとして、世界約50ヶ国以上で販売されています。特に、英国、豪州などでは、高価格帯のスーパープレミアムブランドとして高い評価と認知を得ています。

 

ピルスナー・ウルケル』

f:id:kotsuna:20180110234900j:image

1842年にチェコピルゼンで誕生し、広く世界で浸透しているピルスナータイプの元祖として知られるビールです。苦味、甘味、香りが絶妙なバランスで調和された味わいをお楽しみいただけます。世界約50ヶ国以上で販売されています。

 

グロールシュ・プレミアム・ラガー』

f:id:kotsuna:20180110234958j:image

スイングトップボトルが有名で、現在スイングトップボトルを使用している数少ないビール会社です。2種類のホップを2回に分けて投入、爽やかでバランスの取れた味わいが特長です。世界最古のビールブランドのひとつであり、世界約40ヶ国以上で販売されています。

 

ニュースリリース 2018年1月9日|アサヒビール

4月17日(火)

f:id:kotsuna:20180110235114j:image

『アサヒ グランマイルド』

アルコール度数7%が特徴の新ビール。

原材料ひに「レモングラス」を入れているという事がちょっと気になりますね。

アサヒビールとしては、今の客のニーズは「おいしさの持続性」「高アルコール」と判断。それに基づいて造ったビールですが、それがお客に支持されるかどうか??

ちょっと気になるビールです😀

ニュースリリース 2018年1月9日|アサヒビール

 

 

 

飲み日記(1月5日 仕事始まりの夜の飲み)

1月5日仕事始まり。昨年からの残件がいくつかあったこともあり、仕事が終わったのは21時過ぎ。

「わぁ、こんな時間や〜!」と言いつつも、いつもの飲みメンバーは会社に存在。となると「行こかぁ」と言うことで飲みに(*´ω`*)

新年早々なので、やはりちょっとは高い所行こう!  と思いつつも、寂しい財布事情もあり行ったのが、京橋の「ちんどん」

f:id:kotsuna:20180106065657j:image

ここは料理、酒が280円からのとてもリーズナブルなお店。鳥貴族が280円から298円に値上げしたのに、ここはまだ280円をキープ!  ほんまサラリーマンに有難いお店。

ちなみに母体は「徳田酒店」と言う京橋、大阪を中心に数十店舗飲み屋を運営している会社で、どこもリーズナブルなお店なので、いつも大勢のお客さんが入ってます。

 

まずは280円の大ビール(正確には第3のビールである「麦とホップ」)ジョッキと、お代わり無料のキャベツで乾杯🍻

f:id:kotsuna:20180106065831j:image

ちなみにここは辛子味噌が各テーブルの上に置かれており、これをかけて食べるキャベツがメチャメチャうまいです。

f:id:kotsuna:20180106065935j:image

 

そして来たのが「砂ずりのピリ辛あえ」

f:id:kotsuna:20180106070119j:image

f:id:kotsuna:20180106070220j:image

 なんかメニューの写真と比べて全然違うように見えますが、中身はちゃんと砂ずりで、コリコリとした食感にラー油的な辛味があって、なかなかいけました!

f:id:kotsuna:20180106070340j:image

本日メインの炙り焼きのミックス 300g。

4種類の鳥の部位を炙った980円料理。どこの部位だったかは忘れてしまいました😅

f:id:kotsuna:20180106070553j:image

鳥の燻製。

マヨネーズがよく合い、個人的にはここの定番料理です。

 

結局この日は、これらの料理の他に、「焼うどん」「卵オムレツ」を頼み、飲み物は大ジョッキ  3杯にハイボール1杯飲んで1人2000円未満。

 

ご馳走様でした!

 

サッポロビール『ルビーベルグ』を久しぶりに飲む

f:id:kotsuna:20180104235429j:image

久しぶりにお会いしたルビーベルグ

最初に出会ったのが、ホワイトベルグのキャンペーンイベントがあった1年以上前の名古屋で。

その時ベルグシリーズのお試し試飲セットがあり、数種類のアテと一緒に飲むことができました。

それで初めて出会い、チェリー果汁を使ったビールと言う事で印象に残っていたのですが、それを今回缶で購入して久しぶりに飲んでみました\(^-^)/

 f:id:kotsuna:20180104235441j:image

f:id:kotsuna:20180104235505j:image

ベルギーのフルーツビールに学んだ、チェリーの甘酸っぱい香りと爽やかな後味。特別に造られたビールのような色合いと、フルーティーな味わいをお楽しみください 

商品はビールではありません。発泡酒です

f:id:kotsuna:20180104235719j:image

原材料:麦芽ホップ、大麦、糖類、カラメル色素、チェリー、酸味料、野菜色素、香料

アルコール分:4%

 

このビーム特徴はベルギー産麦芽を50%以上使用。そしてチェリー果汁を0.8%使用し発酵させていると言う事

 

だからまるで少しアルコールの入ったファンタのチェリー味を飲んでいるような感じでした。

 

ビールと言うよりは、チューハイ感覚ですね。

 

 

サッポロ ルビーベルグ 350ml×24本

サッポロ ルビーベルグ 350ml×24本

 
サッポロ ルビーベルグ 500ml×24本

サッポロ ルビーベルグ 500ml×24本

 
サッポロ ホワイトベルグ 350ml×24本

サッポロ ホワイトベルグ 350ml×24本