美味しい酒が飲めれば人生幸せ

ビールが好きで、ビールのことばかり書いていましたが、他にも読んだ本のことや、観た映画のこと。そしてラグビーの事など、自分が経験したことや、思ったことなども書きたくなり、結局自分の日記みたいになりました。

サントリー ザ・プレミアムモルツ 味比べ

 限定出荷で発売されているサントリー『ザ プレミアムモルツ初摘み2018』

これが普通の『ザ プレミアムモルツ』とどう味が違うのか?  飲み比べてみました。

 

とその前に『初摘み2018』のラベルをチェック。

f:id:kotsuna:20181113222402j:image
f:id:kotsuna:20181113222408j:image
f:id:kotsuna:20181113222418j:image

 

普通の『ザ プレミアムモルツ』と比べて大きく違うのが、裏には大きく「表明」?が書かれていること。

 

華やかな香りを求めて

我々の目指す香りを生み出しには、ビールの本場チェコで採れる世界最高級のファンアロマホップが欠かせません。今年も収穫されたばかりのポップを特別に空輸で、取り寄せました。

ビール醸造家  岡 加根雄

 

飲みたい心をそそりますね。

 

と外観チェックはさっさと済ませ、飲みましょう😋

f:id:kotsuna:20181113223855j:image

f:id:kotsuna:20181113223903j:image

 

それぞれを同じようにグラスに注ぎ飲んでみた感想ですが、

『初摘み2018』の方が、若干飲んだ時の刺激が強いし、また最後まで残る苦味も普通のプレミアムモルツに比べてあるかなと。

イメージするなら、普通のプレモルは洗練された大人の味なのに対して、『初摘み2018』はまだまだやんちゃな若さ溢れる味のように感じました。

 

この「初摘み」シリーズは、『<香る> エール』でもあるので、次はそこで何が違うのか検証したく思います。

あっ、あとこれを買った時に付いてきた「神泡サーバー」も試してみないと行けないですね😅

 

ザ・プレミアム・モルツ<“初摘みホップ”ヌーヴォー> | ザ・プレミアム・モルツ/プレモル ビール サントリー

 

 

 

 

 

隅田川ブルーイング 『ペールエール』を飲む

限定発売の隅田川ブルーイングの2種類『ゴールデンエール』と『ペールエール』。

今夜はペールエールを飲んでみました。

f:id:kotsuna:20181112234524j:image
f:id:kotsuna:20181112234532j:image
f:id:kotsuna:20181112234528j:image

飲んでみると、口の中に広がる苦味。

個人的にはビールの苦味は好きなのですが、ビール飲む人でもこの時期苦味が苦手な人もいるんですよね。

そう考えると、このビールは好き嫌いが分かれそうかな。

TOKYO隅田川ブルーイング ペールエール | ビール・発泡酒・新ジャンル | 商品情報 | アサヒビール

 

サントリー 『東京クラフト IPA 2018』を飲む

昨年サントリーが武蔵野ブルワリーで作っていた『TOKYO CRAFT』シリーズですが、2018年版が出ていたんですね。

たまたまそのシリーズのIPAを見つけたので飲んでみました。

f:id:kotsuna:20181111013044j:image

製造は2018年8月中旬となっています。9月4日発売だったそうですが、全く気付いていなかった自分が残念でたまらない。特にこの『IPA』は2017年に飲んだ時は自分が望む味にぴったりでしたので。

f:id:kotsuna:20181111013153j:image
f:id:kotsuna:20181111013149j:image
f:id:kotsuna:20181111013145j:image

 

ちなみに去年の缶はこんな感じでした。

f:id:kotsuna:20181111013452j:image
f:id:kotsuna:20181111013456j:image
f:id:kotsuna:20181111013449j:image
f:id:kotsuna:20181111013446j:image

缶の色は照明の関係で違うように見えますが、ほぼ同じです。

変わったところと言えば、「東京クラフト」のグラスロゴが真ん中から缶の上の方へ移動しましたね。

あとは今年は「2018 SEASON LIMITED」のロゴでしたが、昨年は「2017 AUTUMN LIMITED」というロゴでした。

 

そして肝心の味ですが、昨年と同じように美味いです。

しっかりとホップの苦味があって、IPA好きな自分としては二重丸◎です😋

もっと早くに知っておけばとちょっと後悔・・・。

 

TOKYO CRAFT <東京クラフト>|クラフトビール サントリー

TOKYO CRAFT (東京クラフト) IPA 350ml×24本

TOKYO CRAFT (東京クラフト) IPA 350ml×24本

 

 



 

椅子のある立ち飲み屋で『隅田川ブルーイングゴールデンエール』を飲む

昨晩飲んだ缶ビール隅田川ブルーイングゴールデンエール』が、好きなビールにもかかわらずイマイチ感があったので、これを置いているお店に飲みに行く。

と言っても、馴染みの店なのですが😅

 

f:id:kotsuna:20181108225629j:image

それがJR伊丹駅のすぐそばにあるお店に。

「椅子のある立ち飲み屋つるつるいっぱい」

 

f:id:kotsuna:20181108225606j:image

まずは、キンキンに冷えたグラスに入れられた『隅田川ブルーイングゴールデンエール』を飲む。

(グラスが専用グラスだともっとインスタ映えするのになぁと、ちょっぴり残念)

うん!  うまい!!  と言いたいところだけど、なんか以前に飲んだのと違うような・・・。

昨日飲んだ缶にも製造はアサヒビールの名古屋工場と書いてあったので、製造元が違うことによる味の違い??   なんて思ってしまったが、天下のアサヒビールさん。そんなことはないですよね。自分の感覚が変わったからと信じています。

 

f:id:kotsuna:20181108225548j:image

と言いつつ、かますの造り」をあてに飲んでいると、ビールの旨味も出てきていい感じ!!

造りに合うビールは最高😍


f:id:kotsuna:20181108225610j:image

でも、やはり造りには日本酒も(^^)

ビールをチェンジして、福井のお酒『九頭龍逸品』で「かますの造り」を平らげる。

 

ちなみに「かます」って、こんな魚です

f:id:kotsuna:20181108230459j:image

自分の感覚としては焼いて食べるイメージが強いのですが、造りも甘みがあってなかなかいけます。


f:id:kotsuna:20181108225557j:image

次に頼んだのが、岡山県日生の牡蠣を使った「カキフライ」

身がつまっているせいか硬めで、牡蠣の味がしっかりと楽しめました。

これから牡蠣のシーズン。これも楽しみやね。


f:id:kotsuna:20181108225615j:image

そして最後に頼んだあてが、「赤貝」

f:id:kotsuna:20181108225620j:image

こんな大きな赤貝は初めて。

オーダーすると大将が、殻から向いてくれて出してくれる。

ちょっとグロテスクな感じがあるものの、一般に市販されている小さいな赤貝とは違って、食べ応えがあり満足させて頂きました。

さぁ、明日仕事に行けばお休みが待っている。明日も1日頑張りましょう。

 

 

 

 

隅田川ブルーイング 『ゴールデンエール』を飲む

f:id:kotsuna:20181108004345j:image

アサヒビール系のクラフトビールメーカーであるTOKYO隅田川ブルーイング

今まで特定のお店でしか飲めなかったそのビールが、缶ビールで自宅でも飲めるようになりました(但し期間限定ですが😅)

 

そして今夜飲んだのが『ゴールデンエール』

(ローソンで購入。1本246円(税込))

 

f:id:kotsuna:20181108003951j:image
f:id:kotsuna:20181108003947j:image
f:id:kotsuna:20181108003955j:image

浅草にあるアサヒビール本社のすぐ側にある隅田川ブルーイングの直営店。そこで飲み比べセットを飲んだことがあったのですが、その時もこのゴールデンエールが一番美味しく感じました。そして行きつけの地元の立ち飲み屋でもこのゴールデンエールを飲めるようになり、いつもこれを飲んでいます。

と言うくらい、このゴールデンエールが美味い! と思っている自分なのですが、この缶ビールになると、雰囲気なのか、注ぎ方が悪いのか、それとも精神的な何かなのか。「美味しい!!」とは思えませんでした😢

 

やはりお店で飲んだ方が良いのよ〜。

お店で行きなよ〜

というアサヒビールの戦略なのかなぁなんて、勝手に思ってしまいましたね。

 

と言うことで、この缶ビールを飲んで美味しいと思った人は、ぜひこのビールを取り扱うお店に行ってみてください。

取扱店は以下を参照

TOKYO隅田川ブルーイングのスペシャリティビールが飲めるお店

きっと、缶ビールで飲んだよりも美味しいと感じますから。

 

TOKYO隅田川ブルーイング|アサヒビール

ニュースリリース 2018年10月26日|アサヒビール

サントリー 『プレミアムモルツ 初摘み2018』

f:id:kotsuna:20181105235137j:image

11月6日発売のサントリー プレミアムモルツ初摘み2018』がイオンでフライング発売。

しかも3缶(普通のプレミアムモルツ初摘み2018が2缶に、プレミアムモルツ香るエール初摘み2018が1缶)に「手動式神泡サーバー」が付いたモデルが税込621円とかなりお得なプライスです☺️

 

そう言えば、神泡サーバーの自動タイプが欲しくて、プレミアムモルツを1ケース購入したのですが、使ったのは最初だけで、その後はわざわざこれを使うのが面倒くさくて棚の奥にしまったままになっているなぁ。

 

この神泡サーバーは「進化版」となっているので、試しにつかってみようかな。

その前に、この「初摘み2018」をまずは冷やさないとね。

 

飲むのは明日です。

 

ザ・プレミアム・モルツ<“初摘みホップ”ヌーヴォー> | ザ・プレミアム・モルツ/プレモル ビール サントリー

 

 

 

 

 

『鳥貴族』の新メニューを食す

『鳥貴族』の秋冬メニューが出たので、早速食べに行ってきました!!

f:id:kotsuna:20181101063219j:image

とは言っても、やはり飲み。

まずは乾杯。

ちなみに今までは、「金麦 大」と言っていましたが「メガ金麦」と、新たにメニューとなった「メガハイボール(ジムビーン)」と合わせて、「メガ」シリーズとなっています。


f:id:kotsuna:20181101063229j:image

最初の1品は一番食べてみたかった「超! 白ねぎ塩こんぶ」

ネギが好きなので、真っ先に頼んだのですが、驚いたのがその量! 

器が思ったより大きい。

メニューにはしっかりと「混ぜてください」と書かれているのですが、それを気にしておらず、そのままつまんで食べてしまった。それでもネギ好きの自分としては結構いける。

ただ同僚は「???」という顔をしていたけど😅


f:id:kotsuna:20181101063252j:image

その次が「むね肉チーズダッカルビ風串焼」

こちらもチーズ、ダッカルビと個人的には美味しく思いました。

ただ、後から辛さが来るので、辛い物が苦手な人は敬遠かも。


f:id:kotsuna:20181101063259j:image

「とりワンタン 胡麻ポン酢味」

今回の新メニューのなかで、一番中途半端なメニューでした。

普通のワンタンに胡麻ポン酢がかかっているだけで、普通といえば普通。


f:id:kotsuna:20181101063233j:image

新メニューにばかり気を取られていましたが、実は「唐揚げ」がリニューアル。

店員さんが、「私はこれが一番おススメ」と言っていたので頼んだのですが、

「うまい!」

噛むと肉汁がジワっと出てきてこれはかなりいけます!

今回の新メニューの中でも一番いい‼️


f:id:kotsuna:20181101063246j:image

「大根さらだ 明太子ドレッシング」

そのまんまの味でした(笑)


f:id:kotsuna:20181101063225j:image

最後が「骨付まつばのスパイス焼」

これはリニューアルなのですが、今回たまたま調理が悪かったのか、以前に比べてとても食べづらくなりました。

肉が骨にへばり付いてなかなか取れない。

以前ならすっと肉が取れたのに、残念です。

 

他にも新メニューとしては

「チキンタレかつ丼

しじみラーメン」

とあり、「チキンタレかつ丼」はおススメですと店員さんも言っていたのですが、お腹いっぱいで食べられず。

 

次回行った時には、食べられるように先に頼むようにしよう。

 

 

今夜は京橋で一人飲み

19時半に仕事を終え、そのまま帰るのも物足りないし、フィットネスは今日は休館日なので、こりゃ飲むしかないなと一人飲みに。

1軒目に行ったのが(本当は一軒で帰るはずだった)立ち飲み屋の山ちゃん。

ビールは糖質があるからよろしくないと、最初から芋焼酎のロックに造り盛り合わせで。(写真撮るの忘れた😢)

秋刀魚の造りも入っており、これが甘くて美味しかった。他にも白身の魚がいるあったけど、なんの魚か聞かずじまい。

 

そして焼酎お代わりと一緒に鳥肝。

f:id:kotsuna:20181030214331j:image

肝としてはちょっと味か物足りなかった。もう少し濃いめの味が焼酎には合うんだけど、まぁ仕方がない。

 

そうそう、気になった魚の切り身があったので、なんの魚か聞いてみると「ばばあ」だとか。

f:id:kotsuna:20181030214844j:image

気になって調べてみると、「ばばあ」というのは鳥取の方の魚の呼び名で、正式には「タナカゲンゲ」というスズキ系の魚。

ちょっと惹かれたけど塩焼きしか出来ないと。どちらかといえば鍋で食べてみたいと思ったので、今回はパスで。

二杯と二品を楽しんで退散。

 

この後は久しぶりにクラフトビールのお店「hathor」へ。

f:id:kotsuna:20181030215140j:image

まずは青森にあるクラフトビールメーカー「ビーイージー」の「あけもどろ けやぐ IPA」を、

柑橘系のIPAで、何杯でも行けそうな味わい。

 

ちなみにこの「ビーイージー」というメーカー。

全く知らなかったのでマスターに聞いてみると、アメリカ空軍に所属するアメリカ人が始めたクラフトビールメーカーだとか。

他に京都醸造とのコラボで、抹茶を使った『無茶苦茶 おかがる けやぐ IPA』というのも出しており、ちょっと気になる。

 

f:id:kotsuna:20181030215843j:image

二杯目はアメリカのストーンの『ルイネーションダブルIPA2.0  ソン フィルトン』。

ストーン社は今後無濾過を中心に展開していくらしい。IBUは100+と、苦いビールが好きな堪らない自分としては嬉しい味わい。

 

この店は燻製が結構美味しくて、新メニューの「手羽先の燻製」を頼んでみた。

f:id:kotsuna:20181030220059j:image

普通の手羽先に比べて味がしっかりと鳥に染み込んであり、ビールがすすむ一品でした。

 

とここまで飲んでもまだ21時半前。

だからか、両方のマスターから「今日はいつもより早いですね」と^_^

一般的に考えたら、全然早くないんだろうけど、自分がいつもお店に行くのはたいてい21時以降なので、早い登場になるんでしょうね。

 

約2時間の京橋の飲み。しっかりと楽しませて頂きました。さぁ、明日から仕事頑張ろう!

と、その前に今夜は23時から始まるアップルの製品発表会が要チェック!  こっちが楽しみ。家に帰ったらまた飲まんと😙

 

限定出荷!! 『キリン氷結北海道産メロン』

今夜の一杯(と言いつつ、実はビールを飲んだ後なので2本目なのですが😅)は、キリンの氷結シリーズで限定出荷されている「北海道産メロン」

f:id:kotsuna:20180404231834j:image

 

缶を開けると美味しそうなメロンの匂いが漂ってきます。

そして一口飲むと、まさにメロン酒‼️

 

メロンの甘さが口の中にふくらみ、その後少しアルコールを感じさせます。

 

あんまりたっぷりは要りませんが、ちょっと甘めの酒を飲みたい時には良い感じですね。

 

「キリン 氷結® 北海道産メロン<限定出荷>」を発売|2018年|ニュースリリース|キリン

 

キリン 氷結 北海道産メロン 350ml×24本

キリン 氷結 北海道産メロン 350ml×24本

 
キリン 氷結 北海道産メロン 500ml×24本

キリン 氷結 北海道産メロン 500ml×24本

 

 

 

セブン&アイ限定 の『一番搾り 匠の冴』

f:id:kotsuna:20180403233951j:image

本日、セブン&アイ限定で発売されたキリンの『一番搾り 匠の冴』を早速飲んでみました😚

 

ちなみにお値段は

350ml   221円

500ml   286円

※いずれも税込

と、普通のビールと同じ価格です。

 

f:id:kotsuna:20180403234547j:image

f:id:kotsuna:20180403234551j:image

f:id:kotsuna:20180403234548j:image

 

一口目、口の中に含むと、キリン一番搾りと同じような味わい。

まぁ「一番搾り」と書かれているので当然でしょうね。

 

じゃあ、何が一般の「一番搾り」と違うのか?  というと、

喉を通った後、口の中に残る味わい。

これが一般のキリン一番搾りと比べてスッキリしており、甘ったるさが無い。

 

最近ちゃんとしたビールを飲んでいると、最後口の中に残る甘さがちょっと余計で、これだったら第三のビールの方が良いかな? なんておもっていたのですが、それがこのビールにはないので、自分的にはとても好みのビールになっています。

 

これがケース売りで安かったら、ケース買いするのになぁ😅

 

「一番搾り 匠の冴(さえ)」を新発売|2018年|ニュースリリース|キリン

 

キリン 一番搾り 500ml×24本

キリン 一番搾り 500ml×24本

 

 

 

 

飲み日記(1月26日 気づけばプレミアムフライデーやんか)

 f:id:kotsuna:20180126232052j:image

プレミアムフライデーとは無関係な会社で働いているので、同僚と一緒に飲みに行ったのは21時ごろからでした(笑)

  しかし、今夜は大阪京橋駅周辺を歩いていても人が多いですね。

プレミアムフライデーと言うより、単純に給料日後の金曜日と言うのが大きな理由でしょうね。

 

数軒周りどこも満席(´;ω;`)

そしてようやくたどり着いたのが

『大起水産』

一般的には回転寿司と言うイメージの方が強いですが、京橋駅には回転寿司と飲み屋の2店舗が存在。

今夜は初めて飲み屋の方へ行ってみました。

f:id:kotsuna:20180126232514j:image

 

 そして最初にオーダーしたのが、

「ちょい呑みセット  500円」

 

生ビールと今日のサービスがつくと言うことでしがたが、そのサービスが今夜はあん肝(^.^)

f:id:kotsuna:20180126232052j:image

これはこれで🙆‍♂️

500円はお得でしょう。

4人で行ったのですが、みんなこれをチョイス。

 

その後は単品で頼んで行ったのがこれら。

 

f:id:kotsuna:20180126233003j:image

「本日の南蛮漬け」を頼んだら、カレイをまるごと揚げて南蛮漬けにしたのが登場。

これで360円❗️

 

f:id:kotsuna:20180126233216j:image

次にブリの造り。

脂がのっていてうまい!

 

f:id:kotsuna:20180126233254j:image

好きな人は好き!

定番のアジのフライ

 

f:id:kotsuna:20180126233928j:image

 キビナゴの唐揚げ

 

他にもちょこちょこ頼んなのですが、写真撮り忘れ( ;  ; )

 

最後に頼んだのがこれ。

f:id:kotsuna:20180126233359j:image

「本日のカマ焼き」・・・

で、出てきたのが、鮭のカマ。

マグロや鯛のカマ焼きは食べたことがありますが、サーモンは初めて。

ちょっと潮が足りないように感じたけど、美味いね。

 

f:id:kotsuna:20180126233733j:image

そして最後の最後に頼んだが「てっぼう」

メニューに載っていたものの、どんなものか分からず、Google先生に聞いたら、豚か牛の腸とのこと。

で、何はともあれ肉だと思い待っていたら、出てきたのは、タコとネギを味噌で和えたものでした。

まぁ、予想外でしたが、美味いのでよし😋

 

そして店を出て「さぁ、帰ろう!」とはいかず、二軒目は毎度お馴染みの

「山ちゃん」

f:id:kotsuna:20180127084551j:image

 

もうビールはしっかり飲んだので、芋焼酎のロックで。

f:id:kotsuna:20180127084649j:image

そしてあては「つくり盛り合わせ」と

今夜は魚デー🐟🐟🐟

 

f:id:kotsuna:20180127084839j:image

二品目は「生センマイ」

を頂き、芋ロックをお代わり。

 

雪降る中、魚をあてに酒を楽しむプレミアムフライデーでした❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビスビール 『格別の乾杯』はやはり格別!

f:id:kotsuna:20180125000401j:image

寒い日だけど、やはりビールが飲みたい! 

そんな時は、350ml缶のプレミアムビールをじっくり味わいながら飲むのがいい。

そう思って23日に発売されたこのビールを飲んでみた(^.^)

f:id:kotsuna:20180125000634j:image

ヱビス with ジョエル・ロブション 格別の乾杯』

 

口に含むと、ちょっと酸っぱい味がやって来る。シャンパンを飲んでいるような感じ。そして口の中全体に広がったかと思うと、余計な長居はせずすーっと消えて行き、後はビールならではの苦味が口の中に上品に残る。

 

まさにビールの中のシャンパン🥂

f:id:kotsuna:20180125001134j:image

白ワインのように香るホップ「ネルソン・ソーヴィン」と、

果実のように香るホップ「ハラタウプラウン」による、

豊かな薫りと清々しい味わい。

フレンチの巨匠も認めた、

乾杯を華やかに彩るエビスです

ほんまその通り。

 

美味いに尽きる一品ですね

エイジゲート | サッポロビール

 

 


 

 

 

今日発売のキリン『のどごしSTRONG』を飲んでみた

f:id:kotsuna:20180123233803j:image

火曜日は酒類の新商品が出る日。

早速購入したのがこれらの酒類

その中から今晩飲んだのが、

f:id:kotsuna:20180123233924j:image

キリンビール『のどごしSTRONG』

 

毎度おなじみキリンの「のどごし」シリーズのひとつで、7%というアルコール度数が特長。

f:id:kotsuna:20180123234343j:image

f:id:kotsuna:20180123234358j:image

ブラックを基調としたデザインが、なんかやってくれるんじゃないの? という期待感を抱かせてくれるのは自分だけ??

f:id:kotsuna:20180123234421j:image

 

で、期待を胸にグラスにちゃんと注いで飲んでみると…あれれっ???

 

ラベルに記載の

「ガツンときてスカッと爽快」

が無い………。

 

どちらかと言えば、す〜っと入ってきて、す〜と消えて行く。でもアルコールが7%だから、消えて行くと共に、若干アルコールがじわ〜とくる感じ。

 

えっ?   全然違うやん。

グラスに注いだのまずかった??

 

500ml缶はグラスに入れて飲み干してしまったので、350ml缶はそのまま口飲みで飲む。

f:id:kotsuna:20180123235054j:image

 

で、ガツンと来ない………(´;ω;`)

 

えっ?? 自分は飲兵衛だからダメなのか??   ちょっと悩む自分。

 

たしかに7%というアルコール度数は、ちょっと魅力的。でもビール本来の喉や口に来る刺激や、シュワシュワ感が弱いのちょっと寂しいかな。

 

『のどごしSTRONG』は自分的には合わない第3のビールでした😢 

 (正直、のどごしシリーズでいいなぁと思ったためしがない。相性悪いのかなぁ)

 

キリン のどごし STRONG|ビール・発泡酒・新ジャンル|商品情報|キリン

 

キリン のどごし 華泡 350ml×24本

キリン のどごし 華泡 350ml×24本

 
キリン のどごし STRONG 350ml×24本

キリン のどごし STRONG 350ml×24本

 
キリン のどごし STRONG 500ml×24本

キリン のどごし STRONG 500ml×24本

 

 


 

 

寒い日は焼酎のお湯割やね😀

f:id:kotsuna:20180122232034j:image

先週の温かさは何だったんだろう? と思ってしまうくらい寒い今日。

こんな夜は焼酎のお湯割で😊

 

と言いつつも、実は今までロックで飲んでばかりで、お湯割りのことよく知りません。

せっかくの機会なので調べてみたところ、お湯割のポイントは3つあるとか。

 

①水割りは「焼酎が先で水が後」だけど、お湯割は「お湯が先で焼酎が後」

②焼酎とお湯の割合は6対4

③40℃くらいで飲むのがちょうど良い

 

①については、お湯を先に入れることにより、お湯の温度を下げ、グラスを温めることが出来る。そしてそこに常温の焼酎を加えると、お湯と焼酎の温度差で自然に対流がおき、かき混ぜなくても温度や濃度が均一になるそうです。

f:id:kotsuna:20180122233241j:image

薩摩酒造のホームページより

僕の、私のお湯割り研究「薩摩酒造のお湯割り広め隊研究」/薩摩酒造:お湯割り研究所

 

②と③については、アサヒビールのホームページで、割合や温度がどう味が異なるのかが書かれているので、そちらを参考にしてみて下さい

おいしいお湯割の研究|焼酎飲み方研究所|アサヒビール

 

日本酒も熱燗となると酒の匂いが漂ってきて、それが少々苦手だったのですが、どうも最近は自分の酒の嗜好が変わってきたのかな?  

それともおっさん化している??

 

 

 

 

 

 

キリン 『氷結ストロング 南高梅』 をすっきりとした梅サワー?

f:id:kotsuna:20180121221105j:image

f:id:kotsuna:20180121222321j:image

キリン 氷結ストロングシリーズで、期間限定発売の南高梅を飲んでみました。

たまに梅酒なんかは飲むことがありますが、なんとなく「すっぱい」または「甘ったるい」というイメージが個人的にはあり、「好きか嫌いか?」 と聞かれたら、「嫌い…かも」と答えてしまうのですが、せっかくの氷結シリーズなので挑戦!!

(でも、ほんと飲むまでは、同じ「氷結」でも「ストロング」で9%。しかも「糖類ゼロ」「プリン体ゼロ」なので、変にいじくりまわしているのではないかとちょっと心配でした)

 

が、飲んでみると、うまいやん☺️

ちょっと心配で缶直飲みではなく、コップに氷を入れた飲んだのが良かった!!

コップに注ぐと梅のいい匂いが漂ってきます。これが飲み欲をそそってくれます。

そして一口・・・

すっきとした梅の味で、極端な酸っぱさも、甘ったるさも感じられずいい感じです。

これは梅を使ったアルコールでも当たりに入りますね。

 

期間限定なので、早めにもう数本買っておこう。

 

「キリン 氷結®ストロング 南高梅(なんこううめ)<期間限定>」新発売|2017年|ニュースリリース|キリン

 

 

キリン 氷結ストロング 南高梅 350ml×24本

キリン 氷結ストロング 南高梅 350ml×24本

 
キリン 氷結ストロング 南高梅 500ml×24本

キリン 氷結ストロング 南高梅 500ml×24本